蒲田の風俗求人を調べてみました

■蒲田の風俗事情

現在の蒲田には「下町」「町工場」「ブルーカラー」といった生活感の強いイメージがあると思いますが、昔は「娯楽の街」「映画の都」といった文化的なイメージの強い地域でした。
有名な「蒲田行進曲」があることからも想像に難くないのではないでしょうか。
今でこそ蒲田のある大田区は「田園調布」が有名ですが、昔は蒲田が大田区をリードする人気のエリアだったのです。
当然、蒲田には多くの人が訪れ、繁華街が形成されていきます。
そして、その流れに沿って「蒲田新地」と呼ばれる風俗街も誕生しました。

その頃の蒲田の風俗は、今で言うソープランドがメインの風俗業でしたが、第二次世界大戦の東京大空襲で蒲田新地一帯も焼け野原になってしまいました。
戦後には蒲田の風俗街も再建されたものの、売春防止法の施行とともに蒲田新地は役目を終えました。
以降の蒲田は、町工場が多く集まる下町といった今のイメージに近づきます。
「ブルーカラー」というイメージは、蒲田の物価の安さにより付いたイメージなのでしょう。
「ブルーカラー」「日雇い労働者が多い」といったイメージが先行して、「治安が悪い」と思われがちですが、実際に蒲田に住んでみると、温かい人が多く、物価も安く、何よりも交通の利便性が良いことから、とても「住みやすい街」であることが分かります。
蒲田駅は都内へのアクセスはもちろん、羽田空港への通り道でもあることから利用した事のある人も多いのではないでしょうか。

蒲田は東口周辺が風俗街 現在の蒲田の風俗求人事情は?と言うと、蒲田駅東口の周辺が風俗街になります。先程、書いた通りアクセスが良いので、蒲田は人気の風俗求人エリアとなっています。
蒲田駅東口の中央通りと北通りの付近に、ほとんどの店舗型風俗店が集まっています。蒲田の風俗店で働く人はほとんどが蒲田駅東口となります。
風俗店の種類は「ピンサロ」「オナクラ」「デリヘル」「ホテヘル」「エステ」「韓デリ」「アジアンデリ」「アジアンエステ」があり、風俗の代名詞である「ソープランド」や「ファッションヘルス」は1件もありません。
ちなみに非風俗の店舗型エステは、日本人エステ店とアジアンエステ店を合わせて40件ほどが営業しています。決して多くはありませんが、蒲田で働きたい女性にとっては、十分な風俗求人数をいえるでしょう。
また、蒲田のデリヘルやエステは近隣の品川や五反田をメインの営業範囲としているお店が多い為、蒲田の風俗店という印象はありません。その際は、蒲田ではなく、品川の風俗求人情報を見てください。

蒲田の風俗の特徴には、ピンサロの店舗数が多い事、若い女の子が多く在籍している事が挙げられます。それだけ、若年層の女性が蒲田エリアの風俗求人情報を見ているのでしょう。
物価の安い蒲田では、風俗でもサービス単価の低い業種が人気のようです。
また、蒲田周辺には「日本工学院」を始めとした様々な分野の教育機関が多くある為、たくさんの学生が住んでいる地域である事が関係していると考えられます。
その他の特徴として、一部のブログで散見される蒲田でのディープな風俗体験記を信じて(検証の為?)、蒲田を訪れる風俗ファンも少なくありません。
蒲田には再開発の進む近隣の品川や五反田に比べて、築年数が古く、低い建物が多く残っています。
そんな建物が並ぶ通りには、ある種の妖艶な雰囲気や場末感が漂っている為、何か秘密のサービスがあるのでは?という期待を膨らませてしまうのではないでしょうか。
それでは、これから蒲田の業種別の風俗事情を説明していきます。

↑ PAGE TOP